お悩み別メニュー

頭痛・偏頭痛

このような症状でお悩みではありませんか?頭痛・偏頭痛の痛みでお悩みの方へ

  • 頭痛薬を飲んでいるがよくならない。
  • 頭痛のせいでイライラしてしまう。
  • めまいがする。
  • 天気が悪いときや気圧の変化で頭痛がひどくなる。
  • 頭痛のせいで吐き気がする。

このような症状でお悩みではありませんか?

このような頭痛・偏頭痛でお悩みの方は是非ご相談ください!

頭痛・偏頭痛の原因について

image

 

頭の側面を中心としてズキズキと痛み、主に片側のみに症状が出現することが多い偏頭痛(片頭痛)。
後頭部などが締め付けられるように痛む緊張型頭痛。
現代医学では血管を収縮させる薬を飲み続けるか、頭痛発現時に鎮痛剤を飲むといった、根治するための適当な治療法の存在しない大変辛い症状です。

頭痛は気分まで落ち込ませてしまいます。ひどい場合は吐き気や嘔吐を伴う方も多くいらっしゃいます。
 頭痛には様々な原因が存在し、その裏側に重大な病気が隠れている事も多いのですが、偏頭痛(片頭痛)や慢性頭痛を患う多くの方は、病院で検査をしたにもかかわらず異常が見受けられません。

 頭痛さえなければ、普通の日常を送れるはずが、いつ頭痛になるかを心配してしまい、消極的な生活になってしまう方もいらっしゃいます。

東洋医学は検査では異常が出ない頭痛に対して効果を発揮することがあり、当院では鍼灸を用いた効果的な治療を行っております。

緊張型の頭痛の場合であれば、頚部や肩凝りの治療のみですむことがございますが、特に血管拡張型の偏頭痛の場合は、全身的な調整が必要です。

 東洋医学では全身の血液の流れのバランスを重視します。頭痛の多くは頭部の方へ血液が過度に供給され、手や足と行った末梢の循環が悪い状態です。

手や足に行くはずの循環が頭部にそのままとどまるので、頭部の血管が拡張した状態になり、頭痛を起こすわけです。

 これを治すには頭や頚への鍼灸治療だけでなく、手や足といった末梢のツボ(経穴)を刺激し、頭に上った血を手足の方へ誘導して、拡張した血管の負担を軽減しなくてはなりません。

 WHO(世界保健機構)が認定している鍼灸治療適応症の中にも頭痛は含まれており、当院での治療経験からも頭痛に対して鍼灸は有効であると実感しています。

ありがとうございます! 腰痛治療を受けた患者様のお声

 30代  男性

10代の頃から、偏頭痛に悩んでいました。毎日、頭痛薬を欠かせませんでした。大学や会社に就職しても、偏頭痛は治りませんでした。
騙されたつもりで道元鍼灸接骨院で治療をしてもらいました。
少しずつ、よくなっていくのがわかりました。今では、頭痛薬を半分でよくなりました。完治するまでよろしくお願いします!

皆様のご来院をお待ちしています。

道元鍼灸接骨院 土曜日診療 無料駐車場10台あり

〒738-0054 広島県廿日市市阿品2丁目27-24
○JR阿品駅より徒歩3分 ○広電R阿品駅より徒歩5分

予約優先制 TEL:0829-36-3347

スケジュール

メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る